バスタード パチンコ ハーレムステージ

バスタード パチンコ ハーレムステージ

「では、魔核を持っているのに、意思疎通ができるのは魔族か魔物なのか、って議論になりますよね

めいちゃん、閣下をここに連れてこられる?」『……育成中の低レベル個体ですが、可能です』 しばらくして、ちっさい閣下がやってきた

「フハハハハ………」 自信なさげに、小さい閣下は、それでも尊大を無理に装って笑った

「閣下、何か喋ってみて?」「我が輩は……借りてきた猫である……」 嘘をつけよ

あなたも好きかも:慶次 スロット 天を穿つ 天井期待値
 閣下がしょぼーんとギャグを飛ばしたことに、四人とも口をあんぐり開けた

あなたも好きかも:綱島 パチンコ店
「……喋るのか

……驚いた」 一番魔物と接触しているだろうフェイが一番驚いているようだ

喋った内容について驚いてもいいと思うんだけど……

あなたも好きかも:スーパー戦隊 パチンコ 甘
「ロンデニオン西迷宮の、深い階層に、閣下はゴロゴロいますよ」「……第八階層の奥か?」 そうです、と私は頷いておいた

閣下は割と奥の方に出るもんね

そのように設定されていたし

「実際に喋って意思疎通が可能な魔物がいるのか……

何が魔物なのか、なんて議論が馬鹿らしくなるな……」「ヒューマン語に限らない、というなら、ミノタウロスやオークは独自の言語を喋っています

彼ら同士で意思疎通はしていますよ?」「えー?」 これにはドロシーも半信半疑だった