wiriamuhiru

wiriamuhiru

そのときは、ミリュウたちの指摘によって気が付かされたのだが

見れば見るほど、身長や体格など、本当によく似ていた

「わたくしの目には、そう見えます」「たしかにのう

わしも初めて見た時は、先輩を思い出したものじゃ」「ラグナまでそういうんなら、そうなのかもな」「お認めになられるのですか?」 レムが意外な顔をした

その目は潤み、熱を帯びている

見つめられるだけでどきどきしたが、セツナは自分の表情が緩みきっているのを認識して、闇人形を注視した

これで、公然と彼女の視線から顔を背けることができる

「“死神”といえばレムっていう頭が働いたのだとしてもさ、なんらおかしくないだろ?」「そう……でございますね」「それで、どうなんだ? なにかわかったか?」 セツナは、闇人形をレムの側に歩み寄らせながら問いかけた

あなたも好きかも:魁男塾 パチスロ
音もなく、地を滑るように移動する闇の少女人形は、夜の闇を歩くレムを想起させる

あなたも好きかも:チャレンジャー スロット
いわれてみれば、確かにそっくりだった

ラグナが思い浮かべるほどだ

「……いえ」「そうか」「なにもわかりませんが、ひとつだけ、わかったことがあります」「なんだ?」「まるで御主人様に抱かれているような、そんな気分なんです」 レムが顔を赤らめながら告げてきた言葉の意味を理解するよりずっと早く、素っ頓狂な声が裏庭の静寂を粉々に破壊した

「はあ!?」「え?」「はい?」「なんじゃ?」 セツナは、レム、ラグナが同時に声を上げるのを聞いた

振り向くと、ミリュウが衝撃のあまり表情を引き攣らせたまま、物凄まじい勢いで迫ってくるところだった

熱気と迫力は、彼女が怒りの炎に身を焦がしているからだ

なぜ怒っているのか、理由ははっきりとわかる

「なにいってんのあんた、正気!?」「エリナはどうしたんだよ?」「連れてきたわよ! 弟子ちゃんがセツナに逢いたいっていうから!」 ミリュウがセツナの質問に答えてくれたのは、彼女が怒りの中でも正気を失っていない証拠なのだろう

ミリュウが指し示した方向から、エリナが駆け寄ってくる