スロット ウラ技

スロット ウラ技

あなたも好きかも:パチンコ 大館 営業時間
「では、タカユキ様とお仲間たちのうち、戦闘能力のある人は タンガーン要塞に移動してもらいます」「強制?いや、うちは勿論行くけど……」タガグロは、心配そうにセイを見つめる

確かにセイはどうするかは分からない

「いえ、任意ですね

タカユキ様だけは、どうしてもお越し頂かないといけませんが……」「わかってる

行くから安心してくれ」「メイちゃんは、しばらく戦地から遠くて安全な、中央城で預かってもらってええかな? ミサキちゃんにも会わせたいし

たぶんすぐ友達になれるわ」「もちろんです

女王様も喜ぶと思いますよ」メイリンは真面目な顔をして「よろしくお願いします……」とアルデハイトに頭を下げる

「私こそです

あなたも好きかも:パチンコ 新大阪 イベント
いずれゴルスバウを抜き、南海諸島方面から もし船でナホンを目指すときは、メイリンさんの先導が必要ですから」「あ、ああ、割符ですか……もっています」「ええ、ナホン人が居ないと、大西海の魔の六角地帯が抜けられません

 契約するのをどうしようかと、考えていたところなので助かりました」「確かに手間ですからね……わらわがここに来たのは、もしかしてそういう意味もあったのか……」アルデハイトの言葉にメイリンが呟いて、考え込みだした

しばらく無言が続いて、しびれを切らした俺が会話をもとに戻す

「何かよくわからんけど、とりあえずメイリンは、できるだけ早く退避させてくれ」「分かりました

では、これから私がゴンドラでメイリンさんを 中央城までお連れするので、お二人はその間に準備をお願いします」そう言うと、アルデハイトはメイリンの手を引いて、会議室の外へと足早に出ていった

残されたタガグロと俺、そしてにゃからんてぃで会議室のテーブル涎を垂らしながら寝ているセイを見つめる

「行くんだろうか……」「どやろか……平和ボケして長いからなぁ」「フライパンはどうなったの?」「たまにあれで素振りしてるみたいよ」「マジか……やる気じゃないか」「魔族って長期睡眠とれるって前にアルデハイトに聞いたけど……」「うん

うちらと違って、その気になれば本当に寝溜めが出来る体質なんやけど、 セイちゃんは自堕落やから、そういうメリハリは無理やろな……」「大丈夫かな……」「まあなあ