カジノ 参入企業

カジノ 参入企業

「"理由"って何さ?」まるで子どもみたいな口の聞き方で、ネェツアークがグランドールに尋ねる

「うちの国の最高峰の"賢者"ネェツアーク・サクスフォーンなんだから、自分で考えろ」鼻で笑って、グランドールは扉に白い手甲を着けた手をかける

「そればっかりは、何時考えても解らないから訊いてるのに」白い装束の親友に後ろに続き、ネェツアークがぼやくように言うと、グランドールは扉を開いた

あなたも好きかも:パチンコ しんないき
「じゃあ、リリィやアルスに聞けばいい

あの2人なら、お前が訊いたなら、あっという間に答えてくれるさ」そう言って、扉の側に置いてあった草履の鼻緒に足袋を履いた足を引っ掻けて、グランドールは脱衣所を出ていく

あなたも好きかも:モンハンワールド スロット3 防具
大きく扉を開いてくれたので、その間にネェツアークは、また頭を掻きながらスルリと続いた

アルセンが待っている寝室の扉を開けると、丁度竈番であるマーサが作ってくれていた粥を食べ終えた所だったらしい

ティーテーブルの上にある食器を丁寧に片付けながら、戻ってきた友人達に気がついて、穏やかな笑顔を向けて迎えいれた

「グランドールもネェツアークも煙草、長かったですね

私はその間に食事を終えさせて貰いました」「アルセン、歯応えの無い粥かもしれないが、もう少しゆっくり食べたらどうだ

特に今のお前は体調を崩しているんだから」ネェツアークの背中に塗香を塗終えてから、時間にして多分10分に満たない

その間に食事を終えた事になる体調が芳しくない親友に、グランドールが渋い顔をする

「すみません、気遣いをして貰って

早飯ばかりは、軍人の職業病みたいなものですから」アルセンがすまなそうにして頭を下げた

頭を下げる後輩を見て、"そういう事ではない"と大きな口を開きかけるグランドールの大きな背をネェツアークがドンと叩いた

「まあ、いいじゃないの