スロット ゴッドイーター 主人公選択

スロット ゴッドイーター 主人公選択

「君に関して、気になる噂を聞いたのだが」「わたしに関して……ですか?」「ああ

取るに足らない噂話だ

だが、ガンディアの英雄たる君の噂となれば、放っておけないこともある

特に、ここ数日、新市街に君の姿を見たものがいると聞けば、な」「はい?」 セツナは、きょとんとして、目をぱちくりとさせた

あなたも好きかも:中央区 パチンコ
 まったく突拍子もなく、想像もつかない話だった

「えへへ」 ミリュウが嬉しそうに虚空を見て、にやけているのは、つい先程のセツナの発言が耳に残っているからなのだろう

 謁見の間を退出したファリアたちは、王宮の使用人に案内されるまま、別室にてセツナの帰りを待つことになったのだ

待機用に通された広い部屋では、それぞれが思い思いの場所に陣取って、それぞれに時間を潰している

あなたも好きかも:スロット 勝った時
《獅子の尾》、黒獣隊、シドニア戦技隊、セツナの従者二名

総勢四十人が一室に詰まっているのだ

 むさ苦しく感じるのは、二十六人の元傭兵たちのせいだろうが

 そんな中にあって、ミリュウがなんの不満も漏らさず、嬉しそうに虚空を見やっているのは、なぜか不思議なことのように感じられた

だが、よくよく考えれば、彼女がそのような表情をするのも理解できないではない

 セツナがレオンガンドに向かって言い放った、自慢の仲間、という言葉が、彼女の胸に響いたのだ

いまだに脳内で反響し続けているのかもしれない

だとすれば、ミリュウが惚けているのもわからなくはないし、虚空を見つめているのも納得出来ないわけではない