ガロ 新台 スロット

ガロ 新台 スロット

将棋の新たな地平を切り開く姿は、物語にすると映えそうですよね

 藤井聡太世代の前は、羽生善治九段・永世七冠の世代がありました

あなたも好きかも:パチンコ 監禁率
この世代もけっこう物語になっています

(その間にも佐藤天彦氏・豊島将之氏らの世代がありますが)

 マンガの羽海野チカ氏『3月のライオン』は羽生善治九段・永世七冠も愛読しているようなので、矢崎学九段監修もあって将棋ファン必見の作品です

 つまり将棋界の最高位である九段が監修について初めて「将棋マンガ」は成立します

「AI超え」した藤井聡太八段・二冠を主人公にした物語は、彼が監修しないかぎり成立しようはずもないのです

 それとも、世の中には藤井聡太八段・二冠を超える才能がいるのでしょうか

あなたも好きかも:ルパン パチンコ 期待値
いるとしたら九段のトップ棋士くらいですね

最後に 今回は「キャラクターは書き手よりも賢くなれない」について述べました

あなたも好きかも:ベラジョンカジノ バカラ 配信
『銀河英雄伝説』でラインハルト・フォン・ローエングラムやヤン・ウェンリーなどが見せる華麗な戦術は、書き手である田中芳樹氏に知識がなければ書けなかったでしょう

 私も『銀河英雄伝説』から「ゲームで戦略・戦術を書くには兵法を知らなければならない」という確信を得て、まず中国古典・孫武氏『孫子』を読み解きました

 兵法も知らずに戦争小説は書けない

少なくとも私の確信です

 小説投稿サイトで流行りの「異世界転生」「異世界転移」などの「異世界ファンタジー」は「中世ヨーロッパのような」国と国が相争う兵法必需の世界となります

それなのに兵法の観点から掲載作や「小説賞・新人賞」応募作を読んでも、多くは「これは兵法ではありえないな」と思う戦い方をしているものです

 兵法に詳しくないけれども「中世ヨーロッパのような剣と魔法のファンタジー」が書きたいのなら、軍隊同士の戦いを書かなければよいのです