名宝 パチンコ 社長

名宝 パチンコ 社長

あなたも好きかも:2003年 パチスロ
 孤児院の大人たちがヴィアイシア家の将軍たちが、そして街の権力者たちが妾を見ていたのだ

 ――な、なぜ、そこで妾を見る? 『統べる王(ロード)』の謳い文句が大法螺であることくらい、ここにいる者たちならわかっておるじゃろう!?  伝説の『統べる王(ロード)』の高貴な血などっ、この妾には流れておらぬのじゃぞ!? 確かに『風の理を盗むもの』の力は凄まじかったかもしれん! しかし、ただ強いだけならば、他にも適任者はいるじゃろう! おかしいとは思わぬのか!? ここで一番若いのは妾じゃぞ! 年を聞けば、ぬしらが腰を抜かすほど幼いのじゃぞ!! いま、ここにいる大人の中で一番強そうなのは――なんだ、隅のほうにいるではないか!!「み、南から敵軍が迫っているのならば……ヴォルス将軍っ! これからは貴殿が妾の代行を――」 妾も聞いたことのある歴戦の将軍様だ

 その身体は大きく、風貌からも貫禄を感じる

 きっと彼ならば、妾の代わりをやってくれる

そう思った――が、その提案はヴォルス将軍の副官と思われる男に遮られる

あなたも好きかも:まどマギ2 スロット 設定
「申し訳ありません、『統べる王(ロード)』様……

ヴォルス将軍は国に裏切られ、多くの仲間と、そして家族を失ってしまい……

正直、ここまでが限界です……」 よく見ればヴォルス将軍の顔に生気がない

 この世の全てを失ったかのような顔をしている

端に立っていたのは何か事情があったようだ

「そうか……

あなたも好きかも:サクラ大戦 スロット 最大ハマり
しかし、軍属のそなたらが妾を『統べる王(ロード)』様と呼ぶことはないのじゃぞ

別に強制はしておらぬゆえな……」 ならば、この副官さんにトップの代行をしてもらえないかと思った

 だが、当然のようにその期待も裏切られる

「いえ、そのような不敬……できません

私たちは『統べる王(ロード)』様の雄姿を、戦の中でしかと拝見していますゆえ」「そ、そうか……」 よく周囲を見回せば、どいつもこいつも同じような顔だ