ラッキープラザ パチンコ

ラッキープラザ パチンコ

 そしてマイヤは今、正式にクラウン支部に変わった元<神狼の牙>の建物に来ていた

 物見遊山の見学ではなく、職員募集のチラシを見て来たのだ

 気紛れで受けに来たわけではない

 イルがクラウンのメンバーに入ることをいち早く決めたというのもあるが、それ以上にデジレと話をしていて、クラウンでの業務に興味があったからだ

 こうした組織の場合は、最初のメンバー集め以外で、飛び込みで受けることも難しい

 丁度いいタイミングだったのだ

 採用試験をするための部屋で、マイヤが試験が始まるのを待っている時に、それは起こった

「ちょっと

あなたも好きかも:パチンコ ゴト 糸付き玉
貴方たちがここの試験を担当するの!?」 試験で使う用紙を持った女性が二人入って来たのを見て、試験を受けに来た女性の一人が椅子から立ち上がってそう聞いたのだ

そうですが?」 突然なんだと、試験官は首を傾げている

あなたも好きかも:まどマギ スロット まとめ
 その様子を見て、女性が不快な表情になっていった

「試験官を交代してもらえませんでしょうか?」「なぜでしょう?」「なぜって・・・・・・なぜ私たちが、貴方のような奴隷に指示されなければならないのですか?」 私を馬鹿にしているのかと、憤慨した様子で、その女性がそう言った

あなたも好きかも:スロット 嘘つき
 その言葉を聞いて、試験を受けに来ていた何人かが、不快そうになったのをマイヤは確認すると同時に、内心でため息を吐いた

 試験官は、試験官の交代を言ってきた女性にため息を吐きながら言った

「そのようなことで、試験官を交代する理由にはなりません

もしご不快なのでしたら、どうぞ試験は諦めてお帰りください」 そう言いながら、部屋の入口に向かって指さした

 それを見て、女性は顔色を変えた