ピグ カジノ オート

ピグ カジノ オート

「冷やした方がいいわ」 真里乃が呆れ気味なため息を吐きながら濡れタオルを持ってきてたたみ、ソファの上、「ん?」と見上げた優樹の、赤くなった顔にそのままパサッと被せた

息苦しいはずなのに、じっと顔にタオルを乗せたままでいる優樹に石田は「プッ」と吹き出した

「優樹ちゃん、息が出来るように上手いこと冷やしたら?」 そう促されて、優樹は顔からタオルを掴み取り、「どうしたら上手いこと冷やせるのか?」と真剣に考え込む

生美は笑うと、「貸して」とタオルを受け取り、一度広げて長細く折り畳むと、それを三角にして折り曲げ優樹の顔に乗せた

鼻も頬も冷やされ、ちょうど三角の中央に鼻と口が来て息も苦しくない

 優樹は「♪~」と足をパタパタ動かしながら顔を上に向けてそのままでいる

――おかしな格好だ

あなたも好きかも:バイオ ハザード パチンコ 好調 台
隣りに座っていた加奈が、タオルで目隠しされた状態の彼女の脇腹を「コチョコチョ」とくすぐると、優樹は「だ、誰!?」と慌ててそこから飛び退いた

それでも顔にタオルを乗せたままの彼女に、「こいつ、アホや」と、一平がそっと近寄り手を伸ばして鼻をつまむ

優樹は「苦しい!!」と慌てて一平の手を掴み、鼻から離そうと引っ張った

「いじめるな」 と、反町が呆れ気味に近寄ると、一平は愉快げに鼻を解放した

あなたも好きかも:パチンコ 大手企業
深呼吸をする優樹を見て反町は「ったく……」とその顔からタオルを取る

あなたも好きかも:兵庫 パチンコ 換金 率
「いつまでも乗せてても効果ないよ

熱を吸収したらまた水で濡らすなりしないと」「……うん」 反町からタオルを受け取り、手洗い場まで行ってタオルを濡らし、自分で三角に折り曲げてまた顔に乗せる

男子たちもTシャツの袖や襟から見える肌の日焼けを互いに確認し、誰が一番焼けた、だの、奇妙な自慢大会を始める

そんな彼らに「……子どもね」と生美は冷静に呟き、鈴菜は「ふふっ」と笑った

「そろそろ温泉行くかー」「だねー」 時間を見計らってみんなで用意を始め、だいぶ顔の熱も取れた優樹は、留守番の加奈と一緒にみんなを見送り、前日と同じように康夫と敬子の指示に従って夜食の準備をする

 今日も外で食事だ