ブラックジャック 月光花 歌詞

ブラックジャック 月光花 歌詞

 では自分はどうなのかと、つい自問する

 TVを消し、音楽を掛けて雑誌を読む

 綺麗な服、美味しそうなケーキ、楽しそうなアトラクション

 今は、あまり心が付いていかない

 ウインドブレーカーを羽織り、寮の外に出る

あなたも好きかも:パチンコ カウンター 機械
 冷たい風、澄んだ空

あなたも好きかも:gta5 オフライン カジノ 場所
 街灯から少し外れると、星の瞬きも見て取れる

あなたも好きかも:新宿 パチンコ 駅
 息はまだ白くないが、じっとしていると足の方から冷たくなってくる

 暗闇に浮かぶ、黄色い光

 目を凝らすと、猫が植え込みの前に座っていた

 毛皮のせいで寒さも気にならないのか、のんきに欠伸をしている

 しかしこちらに気付いたらしく、腰を低くして植え込みの中へと走り込んだ

  自分勝手

 気ままに、好きなように生きている

 誰かの命令でもなく、義務もなく

 ただ、その分制約はあるだろう