丸亀 パチンコ屋 新店舗

丸亀 パチンコ屋 新店舗

「っざけたこと言ってンじゃねぇぞてめぇ!!」 振り上げた拳をそのままに、いつでも殴り掛かろうと全身に力を込める立花を止めながら、反町は笑っている糸原を睨んだ

「……それがあんたの本当の姿なのかっ?」「さあね?」 糸原はとぼけた笑みで肩をすくめると、真っ直ぐな目を向けた

「……安藤さんはかわいかったよ

全然抵抗もしないで

あなたも好きかも:スロット 新台 南国
先生のことは好きだからいいよ、なぁんて言ってさ

……怯えた笑顔が、また、そそられるんだよなぁ」 ――みんなの体からサッと血の気が引いた

 ささくれだった空気が一瞬のうちに消え、魂が抜けたように唖然とする彼らに糸原は噴き出し笑う

「これって、同意の上での、ってことだろ? ボクにはなんの非もない

……なのに、みんな後からギャアギャアギャアギャアと

あなたも好きかも:金持ち父さん パチンコ
誰とヤろうが、何人とヤろうが、そんなのどうせ数誤魔化してさ

好きな人が出来れば、初めてなんですぅって顔で恥じらいを演じりゃそれでいいんだし

騒ぎすぎだよなぁ、どう考えても

あなたも好きかも:三鷹 パチスロ
大体のところ」「挑んできてみろよ」 胸を張って語り始めていた糸原は、遮った反町に目を向けた

「弱いヤツを相手にしていないで

……明日からの三日間

勝負を挑んでこい

参りましたって言わせてみろ

……言わせれば、おまえの勝ちだ」 真顔で切り出す反町に、みんなの目が向いた