ウォー・オブ・ゴッズ

ウォー・オブ・ゴッズ

「緒方さん達の処分は、追って伝える

あなたも好きかも:大阪市 パチンコ 等価
あなたはもう帰って良いわよ

荷物をまとめる時間も必要でしょうから」「……分かりました

失礼します」「今までお疲れ様」 半ばおざなりに見送るモトちゃん

あなたも好きかも:パチンコ 春一番 花札昇舞
 虚脱気味の小谷君が部屋を出て行ったところで、彼女は緒方さん達へ視線を向けた

「今回の件に荷担した生徒は、全員現時刻をもって資格を停止

当然職務に携わる事は禁じる

異議があるのなら、総務局へ申し出るように

その時は、私が受けて立つ」 静かに、力を込めて宣言するモトちゃん

 これを聞いて何かを言えそうな人はおらず、全員うなだれて微かな返事がぽつぽつと返ってくる

「みんなもしばらくは来なくて良いから

はい、お疲れ様でした」 重苦しい空気に包まれる執務室

 意外さと気まずさ

 いたたまれない気持ちが胸を包み込む

「甘いな、結局は」 そんな静寂を破るように呟くケイ

 何がと思って彼を見ると、笑っているというか苦笑気味

 ただ彼も、この空気を和らげたり茶化したりするつもりではないようだ