七つの大罪 パチンコ 強欲 継続率

七つの大罪 パチンコ 強欲 継続率

海と雷光の不思議な色の瞳を瞬き、途方に暮れたようにネアを見下ろす

海賊めいた豪奢な装いが紫紺の巻き髪によく似合い、決していかにもな牢獄ではないが、こんな独房に押し込められているような人には見えない

まだ、昨日出会ったばかりの精霊なのだが、いつの間に、こんな風に気遣わし気な眼差しを向けてくれるようになったのだろう

「あんたは、それでいいのか?こんな扱いを受けて、過去の乗っ取りは事実だと知っている

それでも?」「むぅ

竜さんですしねぇ…………

このように荒ぶるのも仕方はないのかもしれません

イブさんがまだいらっしゃるのなら、あの方の願いを最優先させますが、そもそもあの方は、復讐をして欲しいとは言っていませんし、海竜という生き物が滅びないようにして欲しいと願っただけなのですから」そう言い切ったネアにゾーイは額を押さえて呻いていたが、海嵐の精霊王のそんな煩悶をきっぱりと断ち切ったのは隣の独房にいる、かつて海竜の王であったらしい人物であった

「すまない、ゾーイ

あなたも好きかも:ドラクエ6 カジノ 場所
そちらの会話は全部聞こえてしまった

…………その少女が案じてくれたように、あの方が罪人であれども、善き王であればどれだけ良かったことだろう

あなたも好きかも:パチンコ バイト 女 年齢
決して、………悪しき王ではないのだが、…………それでも、今聞いた事が本当であるのなら、あの方は恐らくもう殺し過ぎている

その秘密を守る為に、真実に近付いた者を粛清し続けていたのだろう

前の王が、…………私の伯父上と、その補佐であった私の父が南方の海での反乱で殺された時、手を下したとされるその領域の氏族の長は、最後まで自分は何も知らないと訴えていた

………伯父と父はあの戦に出る数日前から様子がおかしかったし、祖父を避けていた

…………私はずっと、あの時に首謀者の一族を根絶やしにした暦王の様子に、何か只ならぬものを感じ疑問に思っていたのだ………………」ロキウスは胸の奥に溜め込んでいたのであろう言葉を、一言ずつ確かめるようにゆっくりと吐き出していった

「そうだったのか

もしかして、だから………」「そうだね、僕が王になったのはその事件があったからだ