髭 スロット

髭 スロット

その代わり、まだ思うように体を動かせない一撃をもらったけど……」 ケインはじーっと横目で一斗を睨みつける

あなたも好きかも:スロット 花の慶次 武威 朝一
「はっはっはっ! 女性陣に囲まれて浮かれている弟子に、天罰を下さないといけないと思ってな」 対して、一斗は目的を達成してスッキリした表情でケインの視線を受け流した

「まぁ、それは冗談として――」「「(いや、絶対に本気だ)」」「……ちゃんと模擬戦の狙いはあったぞ」 訓練生たちの心のツッコミも、一斗はサラッと受け流す

「それは一体なんですか?」「ん〜、内緒♪ 今日のところはゆっくり休め

それで、みんなで今回の模擬戦を振り返ってみろ

きっとお前たちなりの答えが見つかるはずさ

あなたも好きかも:スロット ボーナス図柄
正解は一つじゃないんだならな」「正解は……一つじゃない……」 一斗の言葉をじっくり噛み締めながら、ククリは復唱した

 他の訓練生たちは納得できずにいたが、初めての長時間にわたる訓練――それに伴う緊張による疲れもあり、しぶしぶ宿泊先のテントへと戻っていった

「……」 そんな中、その場から動かずいる訓練生が一人いる――強襲部隊のリーダーを任されていたレンであった

あなたも好きかも:スロット 星矢 撤去
 彼の視線をある一点をじっと見つめている

「どうかしたか?」 その視線が自分に向けられていることに気が付いた一斗は、レンに声を掛ける

「いえ……失礼します」 レンは特に表情を変えることなく、ゆっくりとした足取りでテントへと歩いていく

「……あいつ俺に何か用があるじゃないのか?」「どうでしょう……あいつは先生に似て負けず嫌いのところがありますから」「そうね

冷静なフリをしているところもそっくりかも」「……褒め言葉として受け取っておくよ