ライブカジノ ブラックジャック カウンティング

ライブカジノ ブラックジャック カウンティング

「プロット」創りに必要なのは「ネタ帳」と「箱書き」です

新聞や雜誌やテレビやSNSなどの記事「ニュース」の「ネタ帳」と、他人の創作物に触れて気づいたこと感じたこと思いついたことを書いた「イメージ」の「ネタ帳」から「あらすじ」に当てはまりそうなものをピックアップして「箱書き」に記します

 そしてこの「プロット」を決める過程が「最初の推敲」になるのです

 なぜ「プロット」創りが「最初の推敲」なのか

それは「ムダを省く」ためです

 小説読本の中には「文章を頭から最後まですべて書き終えてから、物語の構成を入れ替えるか削るか付け加えるかしなさい」というものがあります

あなたも好きかも:パチンコ 月初め
 でもこれだとすべて書き終えてからでないと「推敲」ができません

あなたも好きかも:ガルパン パチスロ 演出
 今はインターネットの小説投稿サイトで小説を連載する時代です

すべて書き終えてから「推敲」するなどという効率がひじょうに悪い方法を採るべきではありません

「プロット」は「箱書き」を並べ替えて創ります

 その際に「ここはつながりが悪いから間に新たな箱書き(シーン)を追加しよう」「ここは冗長だから要らない箱書き(シーン)を削ろう」「ここは時系列が乱れてしまうから時間軸通りに箱書き(シーン)を並べ替えよう」と考えること

それがすでに「推敲」なのです

あなたも好きかも:gf スロット フリーズ確率
 そして一度決めた「プロット」は連載を終了するまで変えないでください

一部でも変えてしまうと「主人公がどうなった」まで変わってしまう恐れがあります

そうなってしまうともう書き手に小説をコントロールできなくなるのです

 執筆途中で「プロット」を変更しないこと