テーブルゲーム 店舗

テーブルゲーム 店舗

すると康太が地下にやってきたことに気付いたのか、アリスがベッドで横になりながら康太の方に視線を向けた

「おぉコータ

やっと降りてきたか」「おっすアリス

師匠は?」「あ奴なら仕入れに行っておるぞ

あなたも好きかも:稲毛 パチンコ 優良店
帰ってくるのは今日の夜になるそうだ」仕入れ

あなたも好きかも:ブラックジャック どれ
おそらくは商品の入荷に行ったのだろう

あなたも好きかも:ツインビクトリー スロット
だがそれにしても事前に連絡の一つもよこしてほしいところである

店に誰もいない状況を放置しているのはあまり良くない

アリスにそのあたりを頼んだのかもしれないが、アリスがその通りに動いてくれる保証などないのだ

「またあの人は勝手に動いて・・・こっちの都合ガン無視だな・・・どこに仕入れに行くって言ってたか?」「いや、特には聞いていないな」「そっか

神加はまだ帰ってないよな?」「お前たちが見ていないのであれば私も見ていないが・・・今何時だ?」「もう十六時だ

ちょっと遅くて気になっててな」「子供というのは遊び盛りだ

時間を忘れて駆け回っていても不思議はあるまい

それだけあれが普通の子供に近づいてきたということだろうて」アリスの言うように、神加が普通の子供に近づいてきたからこそ楽しく遊ぶということができているということでもある

それは良いことだ

素直に喜ぶべきことだ