パチンコ 高 評価

パチンコ 高 評価

助手になれるように、俺が読み書きを教えているところだ」「お前の言い方なら、既に助手として活躍していそうだけどな?」「……余計なことは言うなよ」 言葉の端々から情報を読みとる二人のやりとりに背筋が冷たくなる

あなたも好きかも:角田 パチンコ屋
わたしとルッツでこの人達を納得させるような面接ができるだろうか

 何だろう

洗礼前の子供だからといって、容赦なんて全くしてくれない気がひしひしとしている

 ベンノが怪訝そうに、わたしの視線の高さよりやや上をじっと見つめながら、口を開いた

「ものすごく気になるから、先に聞きたいんだが、いいか?」「はい、何でしょう?」「その頭に刺さってる棒は何だ?」 なるほど

不合格出したり、出されたりした後で、他愛ない質問ってしにくいですよね? もしかして、不合格にする気満々ですか? 愛想笑いを張り付けたまま、ベンノの一挙手一投足に注意して少しでも多くの情報を得ようと凝視しながら、わたしはするりと簪を外して、ベンノに差し出した

あなたも好きかも:生主 賭博 パチスロ
「これは『簪』です

髪をまとめるためのものなんです」 オットーも気になっていたのか、ベンノと一緒にしげしげと簪を調べる

上下にしたり、裏返してみたり、じろじろを見ている

 ただの棒だよ? 種も仕掛けもないよ?「……ただの棒だな」「えぇ、父が作ってくれた、木を削っただけの棒です」「これだけで、髪をまとめられるのか」「はい」 返してもらった簪で、いつも通りの髪型にする

 ハーフアップにする分の髪をすくって、簪にねじって巻き付けて、ぐるりと回転させて、グイッと差し込んで固定する