バイオ ハザード スロット フリーズ

バイオ ハザード スロット フリーズ

 チゼルは己の肩を抱いて両腕を擦る

「何だか、ごめん」「セインが謝ることはねえ」「それでも――ん?」 セインは足下に視線を落とす

 チゼルの前の墓石の石面に刻まれた名に固まった

 剣爵近衛団の初代団長マヤ

 その名を見て、脳裏に薄紅色の髪をした少女の顔が思い浮かんだ

あなたも好きかも:パチンコ ミドル 予算
 セインは屈み込んで文字を撫でる

 この少女にも、思い入れがあった

あなたも好きかも:バーストエンジェル パチンコ 設置店
 幼い頃からその成長を見守り続け、鬼仔としての逆境に抗い、初代団長として就任の式典に立った姿に感涙したのも憶えている

 最初は自己すら希薄だった

 我欲の塊が隣にいた影響か

 成長した頃はずいぶんと人間らしかった

あなたも好きかも:偽物語 スロット リセット 判別
 タガネの墓前で祈りながら果てたという、これぞ敬愛を体で示した人生もかくやといった死に様には悲しむよりも先に笑った

 すべて、懐かしい記憶

 遠い日の触れられない面影である

「この子に、何か用?」「ボクは将来剣爵近衛団の団長になるらしい」「ベル爺がそのために騎士学校に入れたんだよね」「うん」「だから、気になったんだ」 チゼルは無言で肯いた

「この子も最初は似てたかな」「誰に」「アヴカエルドに、ね」「……………アイツに?」「うん」 セインは星空を見上げた