山科 パチンコ

山科 パチンコ

「アレを受け入れたとき、もうひとりの私の記憶を私は見た

弓花は気付かなかったようだけど、私には『精神攻撃完全防御』があったからね

魂が重なっても記憶の差違は認識できてるよ」 風音の言葉に達良が頷く

そこは迂闊だった

それは、あちらの神の力で大神に対抗するために造られたスキルだ

あなたも好きかも:役 物 パチンコ
大神の下位である創造神、そのまた使いである僕にはどうすることもできない

そんなものを持っているなんて思わなかったよ」「私もこれを手に入れた経緯はよく分からないけど……ただ、だから分かるよ

あなたも好きかも:ウルトラ パチンコ
達良くんがくれたのは『この世界』の私の魂

あなたも好きかも:パチンコ まどマギ2 甘
ここは私のいた世界じゃない

漫画とかで見たことあるよ

こういうのを並行世界って言うんだ」 その言葉に達良が困った顔をしながら、それから申し訳なさそうに口を開いた

「それは、半分正解で半分間違いだね

この世界と君の生きていた世界は確かに違う

けれども並行はしていないんだ」「どういうこと?」 首を傾げる風音に、達良は覚悟を決めた顔で口を開く

「今は、君たちの世界でいうところの西暦14905年

君が生きていた時代はもう遙か彼方の遠き過去だ」 風音の目が見開かれる

その言葉の意味がとっさに理解できなかった