パチンコ 中古台 販売

パチンコ 中古台 販売

男女ペアで出たなら普通、男の子が言うわよね?」 怪我がある程度完治したはずのシドニエの顔が、サァーっと真っ青になっていく

 これだけわかりやすく血の気が引くのを目の当たりにすると、さすがに可哀想だと感じた俺は、「えっと……私が言おうか?」「ダメだよ、リリアちゃん

あなたも好きかも:ゼロ パチンコ 感想
コイツの度胸をつけるためにはさせなきゃ」「えっ!? ユファ!? ……ミ、ミルア……」 縋(すが)るようにもう一人の幼馴染にも助けを求めるが、苦笑いをされる

あなたも好きかも:酔わせてキャバ嬢 スロット
「えっとね、頑張って」 見放されたシドニエ

ドンマイ

「失礼しまーす

あなたも好きかも:パチンコ また負けた
そろそろ表彰式に入りたいのですが、お怪我の方は大丈夫ですか?」「あ、あの!!」 様子を見に来たバルティナに詰め寄る

「インタビューとか……その、するん――」「勿論! 順番は一年生である貴方からですよ

ズバッとカッコイイの頼みますよー」 なんだか聞いてはいけないことを聞いたようで、その場で固まったシドニエ

 シドニエの怪我の度合いを目視し、それだけ言うとバルティナは、来て下さいねと捨て台詞を置いて行った

「えっと、何で一年生からなのかな? 対戦は三年生からだったのに……」 何とか少しでも気が紛れるように話す

「多分、他の学年優勝者が貴族校だからですわ

そこのトリまで彼らに取られては面目が潰れるというもの

勇者校と違い、貴族校はプライドもあるのですわ」 この国の掲げる、立場を平等にという目標はあるだろうが、まあ上に立つ者は必要だし、その人達のプライドを誇示(こじ)することは必要だろう

「だったら気が楽だよ

最後は先輩達がちゃんとしてくれるよ」「そ、そうだよ

貴族校の生徒さんは優しいらしいし、失敗しても大丈夫!」「ミルア……失敗を前提にしちゃダメだよ」「あっ……」 するとギギギと錆びれた機械のようなぎこちない動きで振り向く

「ガ、ガンバリマス」 いつもの噛み噛みを通り過ぎ、機械化した言語を習得したシドニエに不安を覚えつつも、表彰式へと向かったが、スピーチは予想通りの展開を迎える――