パチスロ デビルマン χ

パチスロ デビルマン χ

もそもそと起き出してティッシュペーパーを掴んだネアは、鼻をかんでから隣に寝ていた魔物がいないことに気付いた

(それと、また少し熱が上がったみたい……?)イガイガする喉と、ずしりと重たい発熱している体に真夜中に体調悪化の揺り戻しが来たことを知る

あなたも好きかも:パチンコ 屋 軍艦 マーチ
経験上、この揺り戻しを経てから熱はがくんと下がり、朝にはくしゃみや咳くらいに快方へ向かっている筈だった

(大事なところだから、しっかり休もう………)そう考えていたのに、ゴミ箱にティッシュを捨てようとしたネアは寝台からずり落ちそうになってしまった

当初の位置より反対側へずれていたのか、思っていたよりゴミ箱が遠かったのだ

「…………むぐ」密やかな危機にじたばたしていると、慌てて誰かが歩み寄ってきて、体を持ち上げて救出してくれる

「………ったく、何をやってるんだお前は」「熱があるせいで、使い魔の幻覚が見えます」「幻覚が見えてるなら早く寝ろ」「べたべたしまふ

……ディノは?……ほかほか濡れタオルを」朦朧としていたネアは、ここでかくりと首が揺れて再び覚醒した

要求の途中で意識が落ちていたが、幸いにも魔物が面倒を見てくれているようだ

「熱があるくせに、何で冷やさない?」「顔にずり落ちてきて邪魔になるやつは嫌いです

………くしゅん」「好きか嫌いかの場合じゃないだろうが」「………そして、なぜか使い魔がいます」「言っとくけどな、お前が葡萄ゼリーが食べたいって呼んだんだからな?」「ぶどうぜり、」瞳を憧れできらきらさせたが、残念ながら食べるまでの工程を踏めるだけの体力がなさそうだ

誰かに口の中に放り込んで欲しいが、頼りになる魔物が傍にいない

あなたも好きかも:金運アップ待ち受け画像
「食べるか?」「ち、力が足りませんので、起きたら食べます

………ディノは」「隣の部屋でウィリアムと話してるぞ」「ウィリアムさんまで………」「核をまだ返してなかったろ

お前の異変に気付いたらしい」話を聞きながら、ネアはとろんとしてきた

首回りや顔を濡れタオルで拭かれてとても気持ちいいので、ご主人様は良きにはからえの素敵な気分である

面倒を見られるということは、何やら子供の頃に戻ったような不思議にぬくぬくした気持ちになった

「一人で暮らしているときに、インフルエンザになって……」「いんふるえんざ?」「高熱が続く、この手の病です

ひとりぼっちでしたので、お家で孤独死するかと思いました………」「………しないだろ、もう」「ふぁい