ドラグナー スロット 終了画面

ドラグナー スロット 終了画面

それに、あきらめるのはまだ早いわ」「別に、あきらめては……

何か、策でもあるの」 いたずらっぽく微笑む新妻

 口を小さく開け、彼女の顔を指さす涼代

「さっきの端末」「ええ」 すると壁際でしゃがみ込んでいた中川が、その壁へ耳を押し当てた

あなたも好きかも:青鬼 スロット 万枚
「何か、聞こえるような」「凪さん、下がって」 「は、はい」 訳が分からないという顔で従う中川

 それと同時に、鈍い振動が彼女達を揺らした

「なっ」 咄嗟に新妻をかばい合う涼代と中川

あなたも好きかも:ぱちんこ やめろ
 上がる白煙と、崩れ落ちる壁

あなたも好きかも:二和向台 パチンコ アイドル
 粉々になったコンクリート片が、辺りに飛び散る

「早かったのね」 平然と声を掛ける新妻

 剥き出しになった鉄筋越しに現れた三島は、構えを解いてそれに両手をかけた

「また崩れるかもしれない

下がってろ」 気合いと共に、鉄筋は横へ広がる

   その間にあった鉄筋の束ごと

 今度は手が上下に動き、そこには人が取れるくらいの空間が出来上がった

「急げ」「分かった」 新妻に手を貸し、彼女を送り出す涼代

 三島は壁の前に立ち、時折落ちてくる破片をその背中で弾いている

「よっ」 軽く飛び出す中川