絶対 スロット

絶対 スロット

僕たちにはついて来れないが、マリアの実力は熟練の探索者と遜色ないのだ

あなたも好きかも:ハリポタ スロット
ここで反対してしまえば、過保護の烙印を押されてしまうのは避けられないだろう

 仕方がないので、僕は論点をずらすことにする

あなたも好きかも:パチンコ 当たり分配
 ここでラスティアラに勝ち誇られるのだけは我慢ならない

「けど、まだ話は終わらないぞ

独断で好き勝手したことには変わらないし、マリアのことも事後承諾でしかない

あなたも好きかも:スマホ ホルダー cd スロット
おまえの身勝手さが、許されたわけじゃない」「よ、よーし

今日の夕食は何かなー?」「別に、僕は食べながらでもいいぞ

説教しながらだと、メシも美味い」「いや、私はメシが不味くなるよ……」 ラスティアラは旗色が悪くなったのを感じて、さらに話題を変えようとした

 だが、それは許さず、テーブルに逃げたラスティアラを追いかけて、僕もテーブルにつく

 それを見たマリアが、出来上がった料理を並べていく

 ――こうして、二度目の夕食が始まる

 その間、ずっと僕はラスティアラの身勝手さについて延々と説教を続けた

途中、口の達者なマリアも協力してくれたので、ラスティアラに押し返されることもなかった

 結局、ラスティアラは僕とマリアの説教を食らい続け、最後には項垂れて小さく謝った

その謝罪を最後に、一日が終わっていく

 僕たち三人は眠る前の別れ際、誰もが微笑していた

 迷宮での悶着で生まれた暗い空気は、もう完全に消えていた

 少なくとも僕だけは、そう思った