ラッキーチェリー スロット

ラッキーチェリー スロット

「まあ、一対一って事ね……」「ああ、そうだな

気にするな、一瞬で終わる……」 そこに着くや否や、エマとルックは睨み合っていた

 エマは傘以外の物はなにも身に付けておらず、その傘が無くなってしまえば日に当たって忽《たちま》ち弱る、最悪灰となる

あなたも好きかも:パチンコ イメージ 悪い
 二人の距離は数十メートル

あなたも好きかも:スロット メタル スラッグ
エマの速度とルックの矢なら一瞬で詰められる距離

あなたも好きかも:パチンコ アミューズメント仕様 販売
 エマは両足を軽く開き、ルックは"銀の矢"を構えて弦を引く

 勝負は一瞬、刹那を置かずに決まる事だろう

「……銀の鏃《やじり》を持つ矢……貴様も私がヴァンパイアと気付いたか……」「……まあ、クロウ、レイヴンとの戦い……その一部始終を見れば大方推測は出来るさ……後の問題はそれをどう当てるか……だな……」 シンと辺りは静まり、遠方から微かに聞こえる幻獣の声のみがエマとルックの鼓膜を揺らす

 バサバサと怪鳥の飛び交う羽音が聞こえ、エマとルックの立つ大樹から何かが落下した

「「────!!」」 次の瞬間、エマの姿がルックの視界から消え、ルックの矢がヒュンという音と共にエマの視界から消え去る

 そしてルックとエマは数メートル程度の所で背中合わせになっており、エマの腹部が抉れていた

「……ふ、中々やるじゃないか……」「……そうかい……」 そしてルックは出血して倒れ、エマの足取りがフラ付く

 ルックの身体には大きな傷が付いており、意識を失っていた

 エマも矢によって脇腹を抉られ出血したが、ある程度の痛みは慣れている

なので耐える事が出来たのだ

「さて……いつも以上にダメージを負ってしまったな……銀の武器をこれ程まで巧みに扱う者が居るとは……いやはや、中々厄介だったな狩人《ハンター》とやらは……

取り敢えず……少し血を頂こう……残り二人からも貰うか……」 エマは倒れているルックから少し血を貰い、傷を癒しながら呟くように話す