世界 名作 劇場 パチンコ

世界 名作 劇場 パチンコ

あなたも好きかも:ネット カジノ 経営
魔物というものは、たった一人の伴侶を得るその時まではそんなものなのかもしれない

とぼとぼと城に帰りながら、そう考える

(いつか、アルテアがそんな誰かに振り回されているのを見て、私は彼を笑ってやろう)では、それまでにはシシィは、幸せにならなくてはいけないのだろう

ふと、いつかの夜の砂漠で銀白の長い髪を揺らしていたあの美しい精霊を思い出した

彼が、君が笑うとなぜだか胸が苦しくなると微笑んだ日や、君の声を思い出していたよと振り返った日

けれどももう、あれは遠い日のこと

彼ももう、どこか遠くへ行ってしまっただろう

それからまた一年ほど経った

ある日、昔からの顧客である魔物の屋敷を出たところで、シシィは門番に手荒く追い返されている一人の人間を見た

「お願いだ!どうか、この屋敷の主人と話をさせてくれ!!」そう取り縋り、蹴り転がされていた人間の横顔を見た途端、シシィは稲妻に打たれたような気がした

そこにいたのは、ルグリューの命を繋いだ人間の魔術師

そして、ルグリューが目覚めを待ち続けていた、あの青年だったのだ

あなたも好きかも:スロット コイン持ち帰り
「ねぇ、どうしたの?」門の外に追い出されて蹲って泣いている青年に声をかけたのは、どこかでまた彼を思ったからなのかもしれない