アステカ・ゴールド・メガウェイズ

アステカ・ゴールド・メガウェイズ

じゃあ、取りあえずその姿での最初の挨拶も済んだみたいだし、次に行かせて貰いますよ、ゼブル殿》今、紡がれ始めたアルス・トラッドと禁術で蝙蝠となった、ゼブルと口にした存在の縁をどうするかは、後は当事者達に委ねる

少なくとも、蝙蝠の方は時間の限りは出来てしまったけれど、動く身体を手に入れた事で、星の天使の中身を捜す事を始める事が出来る

あなたも好きかも:東京 スロット 換金
そしてアルスはウサギの賢者の"協力者"として紹介をされたゼブルに理由の説明できない好奇心を抱く

動き出す為の"動機"は、これまでの義理として旅人の末裔である賢者は十分提供した

あなたも好きかも:パチンコ センコー 店員
《それでは貴方との状況は終わりそうだけど、人の方の因縁は、もう少しかかりそうだし

それに、ゼブル殿には最後の仕上げをお願いしますよ》《ああ、了解した》ウサギの賢者と蝙蝠の協力者がテレパシーで確認を終えた後、上司に再会できた喜びに、下の状況を思い出したアルスがウサギの賢者を抱えたまま顔を上げる

「思えばネェツアークさんや、ベルゼブブさんは」そう言ってモフモフとした上司を抱えたまま、十分注意しながら淵を覗き込む姿勢で見つめる

「どうやら、陛下やアプリコット殿は無事みたいだのう」いつの間にか先程と同じ様に鷲のイグを肩に乗せて、グランドールも上半身だけ動かし覗き込んでそう口にする

あなたも好きかも:大阪府警 パチンコ
グランドールの言う通り、すっかり白い靄が晴れた八角形の大地の上に、ダガー・サンフラワーとアプリコットだけが佇んでいる

ダガーは太刀を既に鞘に納め、アプリコットの方も上から見る限り、ウサギの賢者がやってくるまで纏っていた張りつめる雰囲気は感じ取る事は出来ない

ただ何よりも変わっているのは、その2人の周辺を除いた八角形の大地だった

「あの絵本から出ていた白い靄って、良くないものだったんすかね?」「少なくとも、あの靄に包みこまれた箇所に咲いていた"秩序の花"―――秋桜は、消滅してしまった所を見ると、良いという印象は抱けませんね」シュトが疑問を言葉にしたならアルセンは慎重に応える