パチンコ ハップス 市川

パチンコ ハップス 市川

正直、過去の姿を見慣れた僕からしたら、今のお前が何したって全く驚きなんて——「——雷霆の一矢(バラッド・ヴォルテガ)——改《エクスス》——ッ!」 腰が抜けるかと思った

ミラは、ばぎゅーんっ! と、指で鉄砲の形を作り、天に向けて聞き慣れた聞き覚えの無い言霊を撃ち上げた

それは間違いなく僕に渡した魔弾と同じ……それも……っ⁉︎「…………ミラ…………お前……それ…………っ!」「ふっふーん! ざっとこんなものよ! どうですか? マーリン様っ! 魔力消費もかなり抑えられてると思うんですけどっ‼︎」 可愛らしくぴょんぴょん跳ねながら、ミラはマーリンさんの周りを回り始めた

いや……これは…………驚いた

その威力は、かつて魔竜の鱗を貫いた物と変わらない様に感じられた

つまり、だ

あなたも好きかも:稲川淳二 パチンコ 設置店
つまり……今の魔術は、レヴの作った魔弾と変わらない…………っ⁈「…………たまげたね

そういうのは追い追い教えようと思っていたのに……いや、なるほど

ハークスの叡智、とはこのことか」「はい! 魔力の複製と増幅

お姉ちゃんが力を注いでいた研究のひとつです

あなたも好きかも:パチンコ
それに……お手本は見せて頂きましたから!」 お手本……? と、抱いた疑問を口にするまでも無く、無邪気な少女は答えを披露する

あなたも好きかも:パチスロ 真 モグモグ 風 林 火山
開かれた小さな拳銃、握りこぶしの中から出て来たの銀色に光る魔弾だった

「……追加の詠唱

私にはまだ空でそれを成立させるのは無理ですけど

でも……触媒と陣と、式を追加した上で増幅させた魔力を流し込む

コレなら……私はまた……っ!」 ミラはこれからどんどん弱くなる……なんて言葉を——未来を識る星見の巫女の言葉をひっくり返そうとしてる

ミラは……ミラはミラのままレヴに並ぼうとしているのか……っ⁉︎ すごい! これで本当に魔力消費が少ないのなら……弱くなるどころか、以前のミラをも超えてしまう日だって——「——ごめん、ミラちゃん