スロット 牙狼 高設定

スロット 牙狼 高設定

魔物はこの世界の摂理に反する理不尽、それゆえに様々な特殊な性質や能力を持つ

僕ら普通の生き物はそういう物を持たず……」「そういう話は帰ってからしてもらえないっすかねえ!? 一仕事終わったんっすから、帰るっすよ!?」「……そうだな

これ以上ここにいても、研究の時間が減るだけだ」「魔物を倒したし、後のことは冒険者の方に任せましょうか」「できれば増殖の要因とか知りたいんだけどね……今まで成果が出てないからあてにはしないよ

じゃ、帰ろうか」「フーマル、後は処理頼むわね」「ちょっ!? 全部俺に任せるっすか!?」「安心しろ、仕事である以上俺もちゃんとやるから」「あら

キイ様が残るなら私も残ります

あなたも好きかも:rebirth ブラックジャック
もっとも、私にできることなんてないから近くにいるだけになっちゃうけど」 そういうことで、公也とフーマルとヴィローサが残り、倒した魔物の処理を行い素材を回収し、今回の大仕事は終えた

あなたも好きかも:パトランプ パチンコ 由来
これで増殖した魔物が全部というわけではなく、まだまだ数はいる

しかしそれなりに始末したため、総数はそれなりに減っていることだろう

他の冒険者たちが依頼を受けて倒す分は残っている

あなたも好きかも:パチンコ 桃キュン
まあ、全部倒しきったほうが魔法使いが魔法薬を作る素材を集めるのにいいわけなのだが、冒険者側の事情もある

依頼として出ているし彼らも素材の採集ができないのであれば退治と魔物からの素材でお金を稼ぐしかないので、そちらに獲物がいた方がいい

まあ、それも徐々に数が減って落ち着くことだろう

アルディーノはここで見るべきものは見たから、ってもう行っちゃったよ」「……何というか、かなり好き勝手してるな」「そういえば、あなた何かしゃべり方変わってなかった? もうちょっと威厳ある感じか、固い感じだったでしょ」 地味にロムニルの喋り方が元に戻っている

彼の喋り方はアルディーノに近い喋り方である

しかし、アルディーノがいる場合は何故か少し固めな口調になっていた……かもしれない

「ああ、あれね