スロット リゼロ 朝一

スロット リゼロ 朝一

 ルウファのその秀麗な顔は緩みきっていた

「いやー、役得役得」「あら、セツナから乗り換えたの?」「なんでよ!」 ファリアは渋々といった様子で彼の首に腕を回していたが、ミリュウの発言には瞬時に表情を変えた

 ルウファは、門楼の屋根に着地するとファリアを解放するとともに翼を収納した

あなたも好きかも:face パチンコ 福岡
純白の翼は瞬く間に白い外套に変化し、彼の体を包み込んだ

「お似合いだったわよー」「そうですかあ?」「……エミルに言いつけるわよ」 にやけて、なぜかくねくねするルウファに向かってファリアが告げると、彼は冷水でも浴びせられたような顔になった

「それはいくらなんでも酷くないっすか」「そう?」「そうっすよ」「じゃあやめておいてあげる」「ありがたきしあわせ……って、あれ? なんでこうなるんだろうか……」 ルウファが釈然としないのは、ファリアをここまで運んできたことがなにもかも裏目に出ているからに違いない

 セツナは、ルウファの肩を叩いた

「全部おまえが悪い」「なんで!?」「終始にやけてるからだよ」「うう……仕方ないじゃないっすか

あなたも好きかも:オンラインゲーム ソケット通信
だってファリアさんですよ!?」 ルウファが力説する傍ら、ファリアはミリュウとなにやら話し込んでいたようだが、ルウファの言葉にずっこけたのをセツナは見逃さなかった

「まあ、それはわかる」 セツナがルウファの言葉を肯定すると、ファリアとミリュウが異口同音に声を上げた

『わかるの!?』「ファリアもミリュウもこの上なく魅力的だからさ

ルウファがにやけるのもしかたがないよ……ん?」 セツナは、ファリアとミリュウからの反応がないことに気づいて目を向けると、ふたりとも顔を真っ赤にしていた

「さっすが隊長

一言でふたりを撃破するとはね」「なにがだよ」 そんなやりとりをしていると、東門の門前が慌ただしくなってきていた

群臣街の道路は、パレードが終わったことで観衆に開放されており、もはや道という道がひとというひとで埋め尽くされているといっても過言ではなかった