パチスロ ウィッチマスター 天井

パチスロ ウィッチマスター 天井

余計な一言だった』 降参のポーズを取りつつ、久住は何か考え込んでいる様子だ

 視線があちこちに飛ぶ

 もしかするとプレイヤーと同様、仮想ウィンドウを見ているのか?『ダメだ

すぐに分かるような事じゃ無いみたいだ』「時間ならある

あなたも好きかも:ま ど マギ スロット ごめんなさい 私 弱い 子 で
調べられるか?」『いいけどね

こっちも色々と大変なんだよ? 主に現実の方がだけど』「問題になっているのか?」『大いにね

ニュースになっていないだけで大変な事態だ!』「大丈夫なのか?」『多分ね

あなたも好きかも:スロット garo
それは君のお陰でもある』「何?」『君のモーションをプログラムした警護ロボットがあるんだ

地上戦で何度も活躍してるよ』 おい

 まさか、現実でそんな兵器が稼働しているのか? 近未来兵器じゃあるまいし

あなたも好きかも:パチンコ 天下り
『以前に君にも見せたでしょ?』「あ!」 思い出した! まさか、アレが? ゲーム動画かと思ってた!『加工精度がいい工作機器を導入出来たし、素材も充実してる

もっといい動きになってるよ』「おいおい!」『動画で見たい? 調べ物が区切れたら君の拠点に行くからさ』「任せる

出来るだけ早く調べ上げてくれないか?」『了解

じゃあ私はここで失礼』 久住の姿は一気に変化する

 黒い人形、即ち運営アバターにだ! そしてその運営アバターの姿も徐々に消えて行く

 意味が分からん