ともえ パチスロ

ともえ パチスロ

 無論、辺りは静かな場所でありパレードなど行われていない

「此処は……ふむ

……さしずめ支配者が創り上げた場所か……ゲーム盤……惑星……まあそのどれかだな……」 適当な木に触れ、その感触を確かめるエマ

あなたも好きかも:はマリンバ パチンコ
 シヴァが創った空間という事は理解したが、この空間に存在する物はエマが知る物なのかを確かめようとしているのだ

「……」 そしてエマはその木の枝を一本折り、自分に近付けた

 上下左右

あらゆる方向から枝を見、少し経ったら木と枝をくっ付けて歩き出す

 因みに、くっ付けた枝というのは再生させた訳では無く、半ば無理矢理に嵌め込んだのである

「木は本物……土も岩も草も……全て私が知る自然物だ……」 ある程度確認を終えたエマは適当な岩に腰掛け、この空間にある物質が自分たちの居た場所と同じという事を確認した

 つまり、環境が似ている場所という事である

「この星空は私たちの世界のモノじゃないな……つまりシヴァは私たち? を別の宇宙へ放り出したという事か……」 満天の星空を眺め、あらゆる世界を見たエマは自分の星とは違う星と推測した

 どんな場所からも見える星などもあったのだが、この場所からはそれが見えないのだ

あなたも好きかも:スロット 中毒 症状
 私たち? と、疑問を浮かべた理由は自分以外が他の空間に移されたのか知らないからである