モータ スロット数 極数

モータ スロット数 極数

グロリオーサという王子様は、恐らくは王都の教育係が教えたのであろう武道なのだろう

互いの武道の型らしき動きで当初は戦っていたのだが、徐々に"異種格闘技戦"は、型を外れた動きを見せ始めている

型を外れた動きは、自由と表現したら様になっている動きをしているようにも感じさせるが、今やトレニアもグロリオーサも"がむしゃら"に暴れ始めている

何より、互いに相手が憎らしくて戦っているようには見えなかった

それでも、その様子は今までトレニアは、決して親友であるジュリアンとアングレカムにも本気を出して戦かっていなかったのを、むざむざと感じさせる身体の"捌き"だった

そしてそのトレニアの鋭すぎる動きに、グロリオーサは応えている

応えながらも、互いにこれまで抱えてきていただろう鬱憤を、各々の拳や攻撃に委ねていた

多分、この2人はタイプが似ているだと"見学"しながら思った

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン スロット シナリオ x
"皆、自分よりは弱いから、加減をしなければならない"大人相手ならそんな事を考えやしないのだろうが、子ども相手なら、常に意識してきただろう

("王子様"の方の事情は知りませんが、トレニアはきっと親御さんの事もあったから、私とジュリアン相手でも、本気を出しきれていなかったでしょうし)だが激しさが増してきて、不安が過り始めた

あなたも好きかも:あしたのジョー スロット 初代
(けれど、そろそろ、何らかの片がついたほうが良いと思えるんですが)それは支えている鼻血の止まった親友も同じ様子で、彼はどちらかと言えば"王子様"の方を心配している様子だった

(でも、私とジュリアンが素手で参戦しても、とても叶う相手ではありませんし) けれども、こういった時、この田舎で頼るべき大人がアングレカムには直ぐに思い付けない

"強い"と呼ばれている人物はいる事はいるのであるが、この場合に当てはまる"強さ"を持っている人物が思い付けない

(ああ、でもジュリアンのお義父さんなら)村人の誰とも馴れ合わない、この田舎の森の奥に住んでいる"狩人"という人物

ここ一帯を纏めあげる役目を担っているアングレカムの父親でさえ、彼の姓が"ザヘト"で、あるというのは、捨て子を保護した時に、その子どもの名前をジュリアンにする事にしたと、報告序でに知らされたという