武豊 パチンコ 合体

武豊 パチンコ 合体

間違っておるよ」「は?」 オウギの言葉に隊長が間の抜けた声を上げる

だがオウギは特に気にせず、そのまま話を続ける

「その方々はランクB『ザックスレイブン』やランクC『ソードライダー』のメンバーではなく、今やランクSパーティとなった『白き一団』だよ

そして彼らはアングレー殿の客人だ

あなたも好きかも:カジノ 依存
拘束しようものなら、色々と問題が起きていただろうね」「なんですって!?」 隊長がその言葉に目を丸くして、そして風音たちを見た

『白き一団』の名は隊長も聞いたことはあるが、しかし問題なのは風音たちがランクSパーティであるということだった

ランクSは街一つを破壊できるほどの力を持つという

下手に機嫌を損ねれば、どんな被害が及ぶか分からない

「ほかのパーティもただの雇われに過ぎん

あなたも好きかも:ぱないの スロット
特に連れて行く必要もなかろう」 そう言いながらオウギは、兵たちに囲まれていた冒険者たちを見回し、そして再度ザックスに顔を向ける

相変わらず目は閉じているが、ザックスには老人から視線を向けられていると感じた

心の奥底まで覗かれているような奇妙な感覚がそこにはあった

 老人はその後「まあ、よかろう」と口にして、続いてルイーズに声をかける

「そちらの方は、後で持っているものを渡してもらっても良いかね?」「なにをかしら、お爺ちゃん?」 ルイーズも突然現れたこの老人に対してどう考えて良いのか分からず首を傾げながらそう返した

それは誤魔化しているわけではなく、実際になにを指しているのかがルイーズには分からなかったのだ

だがオウギは気にせず話を続ける

「その懐に入れてるブラックポーションの素を渡して欲しいと言っておるんだよ

封印はしっかりしてあるようだがね」 その言葉には思わずルイーズも「まっ!?」と声を上げた

 ルイーズは確かに今、ザックスから抜き出したブラックポーションの素となるモノを所持していた