スロットイニシャルd レジェンド

スロットイニシャルd レジェンド

直樹はイリアを抱き締めたまま、ゆっくりと剣を外壁の外へと向けた

 そして、その先には紫色の雷光が……名前:由比浜 風音職業:魔法剣士称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王装備:杖『白炎』・両手剣『黒牙』・粘着剣『ガム』・魔法短剣フェザー×2・竜鱗の胸当て・ドラグガントレット・銀羊の服・シルフィンスカート・プラズマパンツ・竜鬼の甲冑靴・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・蓄魔器・白蓄魔器レベル:31体力:114魔力:205+420筋力:55+10俊敏力:48+4持久力:31知力:62器用さ:39スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』スキル:『キックの悪魔』『戦士の記憶』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚』『ゴーレムメーカー:Lv3』『突進』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス』『インビジブル』『タイガーアイ』『壁歩き』『直感』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv2』『情報連携』『光学迷彩』『吸血剣』『ダッシュ』『竜体化:Lv2[竜系統]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv2[竜系統]』『偽りの威圧』『ストーンミノタウロス』『メガビーム:Lv2』『空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』風音「そんじゃいくよ」弓花「うん、盛大にやっちゃいなよ」

時間はわずかばかり巻き戻る

 デイドナの街の人々が恐怖におののいている頃、風音のリーダーとしての決定により白き一団はパラムの街を出てデイドナの街へと向かっていた

デイドナの街の襲撃は悪魔の罠である可能性があったが、だが放っておけば住人が皆殺しにされるのは確実であり、それを良しとは出来なかった

◎ハイヴァーン公国 ドラゴンロード デイドナの街方面「アンガスさんたちは引き留めておくべきだったなぁ」 馬車の中で風音がそうぼやいた

あなたも好きかも:上永谷 パチンコ バイト
 アンガスは頭の中身はパーだが実力だけはあった

あなたも好きかも:パチンコ リアル鬼ごっこ 評価
なのでドラゴンベア討伐でも役に立ちそうではあったのだが、残念ながらあのトンファー使いたちは鳳飛竜という、異様に豪華そうな色の飛竜に乗ってさっさとドンゴルの街に戻ってしまったようだった

「まあ、運がなかったと思って諦めようよ」 ぼやいた風音の横で弓花が苦笑してそう口にする

 そして風音たちは馬車の真ん中のテーブルに広げた地図を見る

あなたも好きかも:とある パチンコ 連チャン率
それはデイドナの街の周辺の地図だ

ギルドから借りた連絡掲示板に書かれた魔物の密集地帯と併せて確認する

『這い寄る稲妻』の進攻ルートを決めるために

まあ、作戦と言ってもいつもとやることは変わらんか」 珍しく馬車の中で座っているジンライがそう答える

なお御者席には直樹、エミリィ、ライルが座っている

「変わらんってのはどういうことだよジンライ?」 そう口を出したのは馬車の中で唯一の白き一団ではない人物である

パーティ『ソードフィッシュ』のリーダー、グロリアス・ディーン、彼はパラムの街にいた唯一のランクA冒険者で、ジンライとも知己の仲だという