エヴァ スロット 新台 天井

エヴァ スロット 新台 天井

「なあ、ノリユキ

共鳴粒子ってそんなに厄介なのか?」「うーん

あなたも好きかも:コロナ パチンコ 喧嘩
どうだろ、使いようじゃないかなぁって気がするけど」「使いよう?」「うん

悪意を持てば、それに共鳴するし 善意の願いも叶えるみたいな感じだと思う

 僕もそんなに詳しくは知らないけど、美射先生から 習ったのはそんな感じ」「そっか……ナーニャはこの後、上手くやれると思う?」ノリユキは少し考えてから「ナーニャなら大丈夫だよ」真面目な顔で俺をまっすぐ見て言う

「ありがとう

あなたも好きかも:たこ焼き ぱちんこ
安心した」気持ちよさそうに寝ているハルの二の腕をさすってやると「パパ……どこにも、行かないでね……」と寝言で小さく呟いた

ノリユキはそれを真面目な顔で聞いていた

向こうではセイとナーニャが雑談を始めて二人とも大笑いしている

それからそれほど時間が経たないうちに黒塗りのユーフォーはゆったりと降下をし始める

あなたも好きかも:貞子 vs 伽 椰子 スロット 曲
ノリユキがパネルを出して付近の地図を俺に見せてくれる

「大穴のすぐ近くの山だね

元は一番高い山があった場所だよ」「木も何もないな」表示された地図には、大穴の他には一面禿山や荒れ地しかない

昨日、美射に見せられたここの景色を思い出す

「神殿や地元の町もあったみたいだけど 出現と共に破壊されて消えうせたみたい」「目的地に到着しました」という短い合成音声のアナウンスが流れたので「行こうか」椅子から立ち上がると、ノリユキも続いて「そうだね

とりあえずナーニャと僕と行こうよ

 アイカたちは、楽しんでるみたいだし」確かに向こうでアイカ達は盛り上がっていてサングラス姿のにゃからんてぃも扇子で自分を仰ぎながらテレビを眺めている

ハルはしばらく安静にしておいた方が良いだろう