スロット 北斗の拳 宿命 解析

スロット 北斗の拳 宿命 解析

『ロダ』はフル積載で、このブロックを十二本積める

私自身の道具箱には体調にも依るのだけど、五十本から百本程度

あんまり入れると気持ち悪くなるから、出来れば常識的な数にしておきたいのだ

石を飲み込む常識的な数って何だよ、というツッコミが欲しいところね

 枠ができたら両面に鉄板を貼る

 銅板を、床に接触する方に貼る

「――――『転写:風走』」 と、銅板に魔法陣を転写

あなたも好きかも:パチンコ スター ウォーズ
「うーん」 出来たものは、要するに、元の世界のコンテナ貨車の台枠、の台車が無いモノ

車輪の概念をなくして、ホバークラフトで浮かせて運搬しようと画策してみた

台枠がつぶれなければ、大きさ的には一度に十八本が積載可能、なはず!「実際に積んでみるかなー」 試作品を持って採石場へ

「ミノさんを二体寄越して下さいな」『……了解しました、マスター』 反応したのがめいちゃんでよかった

あなたも好きかも:ファン感謝デー スロット
三人組はツッコミが辛い

あなたも好きかも:福岡東区 パチンコ
【王国暦122年6月12日 1:39】「じゃー、石を載せていって」「モー」 二体のミノタウロスが、荒っぽく石ブロックを台枠に載せていく

「モッ!」 何ということでしょう、わずかに浮いた台枠が、石を載せると回転し始めたのです! いわゆる一つの慣性の法則というやつですか……

「魔力切るよ、下がって」「モ」 くるくる回っていた台枠が止まり、ガン! と大音響を鳴らした

ああ、台枠の中が空洞だから音が響くのか

「ふむ………」 回転対策と、それに浮きも甘いようだ

 銅板を剥がして、もう一枚同じモノを作り、台枠の前後に貼り治す