パチスロ 爆裂 動画

パチスロ 爆裂 動画

「転結」では新しいことはまず書けませんので、舞台・世界観の説明は「起承」で増えた百四十文弱で済ませるのです

 ちょっと困難な感じがしてきますよね

 でも五百四十文中の百四十文ですから、「起承」の二十五%!ほ(MISSING)どが舞台・世界観の説明に使えるわけです

あなたも好きかも:まどマギ スロット プチボ 連続
 あれ? なんか書けそうな気がしてきましたね

 たった百四十文なのか、「起承」の二十五%!も(MISSING)なのか

 示し方でこれだけ受ける感覚が異なります

あなたも好きかも:新安城 パチンコ
 これが数字の魔術(トリック)です

 短編小説は書ける文の数がそもそも少ないのです

 ですが、少ないからこそ工夫のし甲斐もあります

あなたも好きかも:クルペッコ イビルジョー スロット
シンデレラ たびたび登場する寓話『シンデレラ』ですが、今回もまた登場してもらいます

 まずシンデレラの物語は「起承」で「三分の二の法則」に徹しています

 つまり舞台・世界観の説明とシンデレラの境遇、舞踏会に行きたいけど行けない、魔女が現れて美しく着飾ってくれることで晴れて舞踏会に乗り込んでいく

 ここまでが「起承」であり「三分の二の法則」の名で示すように全体の「三分の二」を費やしています

 「転結」では時が過ぎるのを忘れて王子様とのダンスに夢中になり、午前〇時の鐘の音が鳴り始めると魔女の忠告を思い出して舞踏会場から慌てて出ていこうとする

 そのときにガラスの靴が脱げますが、そんなことを気にしている時間はありません

 ここまでが「転」です

 シンデレラを忘れられない王子様が「ガラスの靴」の主を探し始めてシンデレラの住む屋敷にも役人一行がやってくる

そしてシンデレラが靴を履いて王子様は謎の美女がシンデレラであったことを知ります

晴れてシンデレラは継母や義姉との苦難の生活を脱することができたのです