スロット まどマギ2

スロット まどマギ2

 どの冒険者も自慢話やダンジョンの話をしてばかりだ

凶悪な魔物を倒したとか、危険なダンジョンでこんなものを見つけたという明らかに誇張した戦果の自慢話

聞いているといつの間にか勝手に失笑してしまいそうなレベルのくだらない話ばかり

そしてそれに釣られるのは、ダンジョンのことを知らない初心者ばかり

 まあ、いちいちそんなことを気にしていたら面倒だ

あなたも好きかも:パチンコ 期待 値 ブログ
それにこっちを見ていないのならば好都合である

「ありがとね、お姉ちゃん

あなたも好きかも:淫夢 パチンコ
いつも俺のことを大切にしてくれて」「当たり前じゃない

タクヤのお姉ちゃんなんだもん」 俺も彼女を優しく抱きしめ――――――――そっと唇を奪った

 向かいの席でそれを目の当たりにする羽目になったイリナが、顔を真っ赤にして目を見開きながら「じ、じっ、実の姉弟でキス……………!?」と言っているのが聞こえる

もし絶叫していたなら瞬く間に他の冒険者たちの注目の的にされるところだったけれど、そこは彼女の良心が抑え込んでくれたのだろうか

 さすがにキスはちょっと軽率だったなと反省しつつ、少しだけ舌を絡ませてから静かに唇を放す

あなたも好きかも:スロット 山形市
 こういう風にヤンデレになっちゃったラウラには、一番効果があるのがキスだ

最初の頃は頭を撫でるだけでも幸せそうにしてくれていたんだけど、最近では頭を撫でたり抱きしめるだけでは物足りないらしい