グラン パチンコ

グラン パチンコ

エレオノールを乗せたまま竜騎馬はしゃがむ

ちなみに、リンノというのは竜騎馬の名前なのだろう

「私の背にしがみつくようにして鞍に乗ってくれ

あなたも好きかも:パチンコ 昔 今
鐙《あぶみ》は二人分取り付けたから、君もきちんと鐙に足を入れてね」「う、うん」 エレオノールに言われた通り鞍に腰掛けようとして、リンノの体に触る

その時初めて、自分が跨がろうとしていたのがただの馬ではない事に気がついた

あなたも好きかも:パチンコ 累計 負け
その生き物の体表を覆っているのは毛ではない

赤茶色をした鱗だった

あなたも好きかも:新座 パチンコ
「こ、これ…!」 そのざらついた感触に驚いて飛び下がる

「ん?もしかして竜騎馬を見るのは初めてかい?」「う、うん…」 当然だ

そんな生物、元いた世界にはいなかった

「竜騎馬は数が少ないからね

『聖王国』軍でも、乗っているのは百兵隊長以上かな

太古に馬と竜の血が混ざったものとも言われているし、竜種の中で速さに特化した存在だとも言われている

何にしても、恐れる必要はないよ」「わ、分かった…」 恐る必要はない、とは言われたが、椿は恐る恐る竜騎馬…リンノの鞍に乗った

エレオノールがリンノの背を撫でる